就業規則の診断を受けてみませんか?

あなたの会社の就業規則は大丈夫ですか? 当事務所が診断します。

 詳細はこちらをクリック!

社労士の対応に不満がある方へ

専門用語ばかり使う、ミスが多い、レスポンスが遅い、そんな社労士にお困りではありませんか?

 そんな不満をお持ちの方はクリック!

御社にはこんなお悩みがありませんか?

顧問社労士に不満・不安がある

実は、当事務所にお問合せをいただく方の90%以上が以下のような顧問社労士への不満・不安を口にされています。

  • 専門用語ばかりで言っていることがわからない
  • 相談をしても回答が曖昧で、むしろ労働者からの指摘の方が正しい気がする
  • 行政に提出する資料なのにミスばかりする
  • 先生として振る舞っていていつも偉そう
  • 電話連絡をしてもつかまらずメールのレスポンスも遅い

当事務所では、当然のことながら、このような専門家の資質・社会人としての適性を疑ってしまう次元の低いサービスは提供しておりません。

従来の旧態依然とした顧問契約とは一線を画す契約形態をご提案します。

会社経営の悩みをまとめて相談したい

ヒト・モノ・カネ、会社経営には大きな悩みを伴います。そして、そのような経営上の悩みに対応できる士業・専門家は数多くいます。問題は、専門家の中でも得意分野・不得意分野があるため、適切な専門家を探し出すだけでも大変であるということです。

当事務所では、質の高い厳選した士業・専門家と連携し、定期的な情報交換を行うチームを形成することで、多角的な視点から御社をサポートする体制を整えております。

連携する専門家の基準は信頼できるかどうかの一点です。仕事はできて当たり前、こだわっているのは人間性です。

当事務所が自信を持ってオススメできるサポート体制で御社を支援します。

総務・人事担当者が一人しかいない

ブラック企業とは呼ばれたくない、コンプライアンス・法令遵守は徹底したい、対応しなければならない問題はわかっている、でも何から手を付けるべきなのかわからない、というご相談は数多くいただきます。もちろん、すべての法令を遵守することは基本です。といっても、現実問題として人手が不足しがちな中小企業で、しかも多くの場合、総務・人事担当者は一人だったりします、すべてを一挙に解決することは困難です。

人事労務管理を行う上で、最も大切なことは適切な優先順位付けです。最優先で対応すべきことは何か、先送りしてもよいことは何か、この判断を間違えないことです。

労働基準監督署を傘下に置く行政機関で実際に企業を指導していた経験があるからこそ、逆に、強い味方となりえる当事務所が御社を支援します。

人事の秘訣を知りたくありませんか?

secret

経営者・人事労務担当者を対象に、毎週、人事の秘訣を本音で教えるメールマガジンを発行しています。購読は無料です。

メルマガだからこそ本音で語れる人事の秘訣を知りたくありませんか?