執筆

専門誌「企業実務」に「無期転換ルールへの実務的対応」に関する寄稿をしました

先月に引き続き、硬派な雑誌「企業実務」からご依頼をいただき、「無期転換ルールをめぐるトラブルはこうして防げ」というタイトルで執筆しました。

平成25年4月施行の労働契約法に規定された無期転換ルール(5年ルールとも言われています)に基づき、有期契約労働者は無期転換申込の権利を有することになります。

その申込が本格化するのが平成30年(2018年)と言われており、すでに1年を切っています。

この無期転換ルールの対応について、すでに当事務所でも多くのご相談を受けていますが、きちんとスケジュールを立てて進めていくことが必要です。所属長への説明・従業員への説明会など意外とやるべきことは多くありますので。

記事の中では、以下のステップごとに注意点・対応方法を解説しています。

現在、当事務所でも、このステップに沿って、無期転換対応のコンサルティングを行なっています。

無期転換制度の導入手順
  1. 対象者の把握・就労実態の調査
  2. 業務特性の分類・雇用区分の検討
  3. 雇用区分に応じた就業規則の改定
  4. 受け入れる側の社員への説明
  5. 運用と改善の実施

Return Top