コラム

時間の使い方の下手な人ほど苦情を言う

現代は誰もが忙しい時代です。

一昔前には、インターネットによって簡単に情報を入手できるようになり、時間の短縮を通して豊かになれると思われていましたが、むしろ今では逆のことが起こっています。

膨大な情報に溢れ、どこにいても連絡が取れるようになった結果、常に何かに追われ、時間のない生活に陥っています。

時間の使い方の最も下手なものが、まずその短さについて苦情をいう。 – ラ・ブリューエール

いつか英語を勉強したい、時間ができたら本を読みたい・運動したい、未来の願望ばかり口にする人はいます。願望がないよりは、まだましかもしれませんが。

効率的な時間の使い方

お金を上手に貯めることができる人は、天引きを利用しています。

時間も同じです。緊急でなくても重要な予定は先に入れておきましょう。時間の天引きです。そして発想を逆転させましょう。

時間がないから本を読めないのではなく、本を読まないから時間がない。効率的な時間の使い方を解説している本はたくさんあります。

時間はつくるものです。

「時間ができたら」なんて言っている人にはいつまだ経っても時間はできませんし、「いつか」は来ません。

ありがたいことに、私も最近はご依頼が立て込んできており、毎日何かしらの締切に追われているところですが、「忙しい」とは言わないようにしています。「忙しい」は、心を亡くすと言いますし。

Return Top